社協の活動

ふれあい、支えあう地域づくり活動

 地域住民がつながり、互いに支えあう福祉会活動を広げ、心豊かにふれあう地域社会づくりを進めます。市民が企画し参加する地域福祉活動事業に助成金を交付し、地域で援助や支援を必要とする人たちが、安心して暮らすことができるような福祉の風土づくりを支援します。

また、地域住民が高齢者や障がい者を支えるしくみづくりを考えます。

(1)福祉会の活動

  • ふれあい いきいきサロンの開催
  • 友愛訪問活動
  • 福祉講座
  • 世代間交流事業 等

 

*福祉会とは・・・
支援を必要とする方の生活課題、福祉問題をその人だけの問題とせず、地域住民みんなの問題として捉え、その解決策を考えたり予防したりするため、地域住民が組織的に福祉活動を推進する住民の自主的な組織です。

*ふれあい いきいきサロンとは・・・
高齢者はもちろん障がいをお持ちの方や子育て中の親子など、だれでも気軽に出かけてふれあえる「地域のお茶の間」です。市内では主に高齢者の閉じこもりの防止を目的に、月1~2回または2か月に1回など、地域ごとに住民の方がボランティアで公民館や集会所などで開催しています。

(2)地域福祉活動助成金交付事業

 高齢者や障がい児・者など地域で援助や支援を必要とする人たちが、地域で安心して暮らすことができる福祉の風土づくりにつながるような、ふれあい交流事業や支援事業に対して、歳末たすけあい募金の一部を配分し、住民が企画し参加する地域福祉活動に助成金を交付します。

(3)生活支援サービス事業

 高齢者や障がい者の日常生活ニーズに応えるしくみづくりのため、支援サービスの担い手として生活支援サポーターを養成し、地域で支える住民参加の生活支援サービス事業の開始を目指しています。

  • 男性のための安心介護教室
  • あちこたネットおぢやサポーター養成講座

 

*生活支援サポーターとは・・・
地域の方々のちょっとした困りごと(郵便を出してほしい、買物に行ってきてほしい、ゴミ出しをしてほしい、話を聞いてほしい 等)に対して、ちょっとしたお手伝いであればできるという、地域の担い手(サポーター)のことです。

(4)福祉団体活動支援事業

 福祉団体等へ活動費助成の他、福祉活動用車両の貸出しも行っています。

いたわりとやさしさのあるボランティアの育成

 ボランティアグループや福祉関係者と連携し、青少年や勤労者などを含めた幅広い人材に福祉情報やボランティア活動に参加する機会を提供し、いたわりとやさしさの心を育み、地域で活躍する各種ボランティアの育成を図ります。

(1)ボランティアセンター事業

 社協は、ボランティアに関する総合相談窓口として、市民のボランティア活動を支援しています。また、ボランティアグループとの共催により各種講座を開催しています。

*ボランティアとは・・・
いつでも・どこでも・だれでもできる活動です。「自らすすんでする」「自発的に申し出る」という意味があり、義務や強制として行うこととは違います。また、「かわいそうだから何かしてあげる」という気持ちからする行動ともちがいます。一人ひとりができることをできるときに「ちょっとやってみよう!」という気持ちや行動がボランティア活動の始まりです。

 

ボランティア活動の基本

・相手の気持ちを尊重し活動します
相手の気持ちを共感し(気づき)、理解し、尊重することが基本です。ボランティア活動が自己満足にならないよう、常に相手に対して気配りが必要です。

・無理なく楽しく活動しましょう
どうしても無理をしてしまいますが、細く長くできることから楽しく少しづつ活動することが長続きの秘訣です。無理なときは断ることも大切です。

・約束と秘密はきちんと守りましょう
「約束を守ること」「秘密を守ること」はボランティア活動を行う上で最低限の責任です。訪問時間や援助内容、プライバシー等小さなことでも約束は守り信頼関係を築きましょう。

・活動の中で心配なことは相談してください
活動していく上で課題にぶつかったら、一人で悩まずボランティアセンターにご相談ください。一緒に解決にむけ取り組みます。

・自分を成長させましょう
知識的にも技術的にも人間的にも成長することで、自己満足の活動を防ぎ、より高い社会的な役割を果たすことが可能になります。

・いつも笑顔をわすれずに!
元気なあいさつと、笑顔で接することで、自然と楽しくなり、心も少しずつかよってきます。
(2)福祉教育推進事業

 市内の全小・中・高等学校を社会福祉普及校として、子どもの豊かな成長を促す福祉教育を推進しています。活動のための助成金の交付や福祉学習メニュー表による体験学習を通して福祉教育の充実を図ってもらうよう支援しています。

また、高齢者や障がい者を理解するための、きっかけづくりの福祉入門を実施しています。

 

(3)福祉人材の育成

 専門学校や大学、民間養成機関が行う社会福祉現場実習や介護現場実習に協力し、専門職の育成を支援しています。

 

(4)企業等との連携強化化

 市内の各企業・事業所からは、社協会費や共同募金のご寄付はもちろん、社員の皆さんから積極的にボランティア活動(イベントの手伝い、使用済み切手・リングプル等収集活動、バザー他)にご協力いただく企業もあります。今後協働で取り組めるプログラムを開発し、連携強化につなげたいと考えています。

・退職前安心セミナー
企業等の社会貢献活動連携事業として、平成8年度から実施しています。退職前の社員を対象に退職後の生活設計に役立つ情報提供(年金・雇用保険・シルバー人材センターなど)やボランティア活動のすすめを目的としています。

安心と自立を支援する活動

 高齢者、障がい者、子育て中の方など地域のだれもが安心して、自立した生活ができるよう生活資金の貸付や各種福祉サービスに取組みます。

(1)困っている人を支援する活動

■ふれあい福祉センター相談所(祝日休み)

会場:サンラックおぢや

  • 心配ごと相談   毎週火曜日・木曜日 担当:ふれあい相談員
    • 午前9時30分〜午前11時30分
  • 法律相談(予約制) 毎月第2・4水曜日 担当:弁護士
    • 午後1時30分〜午後4時30分
  • 年金相談(予約制) 毎月第1水曜日   担当:社会保険労務士
    • 午後1時30分〜午後4時

会場:片貝総合センター

  • 年金相談(当日受付) 毎月第2土曜日  担当:社会保険労務士
    • 午前10時〜午後3時

■資金の貸付

 所得の少ない世帯、障がいのある方や介護を必要とする高齢者のいる世帯に資金を貸付け、経済的自立と生活の安定をお手伝いします。(資金の種類によって貸付条件は異なります)

生活福祉資金

たすけあい資金

■日常生活自立支援事業

 高齢者や知的・精神に障がいのある方等で、日常生活上で必要な福祉サービスの利用等について、自分ひとりの判断で行うのに不安のある方の手続き等のお手伝いをします。

日常生活自立事業

■除雪費助成事業

 自力での除雪が困難な高齢者世帯や母子世帯、障がい者世帯などについて除雪代金の一部を助成します。対象世帯には、助成金相当のサービス券を交付しますので、除雪作業員へ支払いの際にご利用ください。ただし、限度額を超えた場合は超過分を自己負担のうえ、作業員に直接支払っていただきます。

また、次に該当する世帯や除雪などは対象となりませんので、ご了承ください。

  • 健康で自力による除雪が可能な世帯
  • 前年度市民税課税世帯
  • 親族から労力・援助または経済的な援助が受けられる世帯
  • 生活保護世帯
  • 空き家になっている住宅
  • 店舗兼住宅で店舗専用部分の除排雪

 

・高齢者世帯などへの除雪援助事業

・母子世帯、障がい者世帯などへの除雪援助事業

■緊急災害見舞金給付事業

 火災や水害等の被災世帯へお見舞金を交付します。

(2)高齢者を支援する活動

■配食サービス事業(各地区 月2回)
70歳以上の一人暮らし及び高齢者のみの希望世帯等に、ボランティアによる昼食弁当をお届けします。負担金は、1回200円です。
ご希望の方は、担当地区の民生委員さんへお申込みください。

 

地   区

配 達 日

調 理 会 場

真人北部、上片貝、西中、山本、五辺、栄町、船岡、千谷、山谷、吉谷地区 第1・3曜日 サンラックおぢや
西小千谷地区、城内、千谷川、桜町 第2・4水曜日 サンラックおぢや
東小千谷地区 第2・4火曜日 勤労青少年ホーム
東山地区 第2・4火曜日 東山住民センター
片貝地区 第2・4水曜日 片貝総合センター
真人里地地区 第2・4木曜日 真人住民センター
岩沢地区 第2・4金曜日 岩沢林業会館

■男性料理教室(毎月第2火曜日9:30~13:30)

 65歳以上の男性を対象に月1回開催し、食生活の自立や生きがい・仲間づくりを支援しています。会場:サンラックおぢや/参加費:1回300円です。

■火災予防見守り安心事業

 春・秋の火災予防週間に合わせ、対象世帯へ消防署との見守りを実施しています。火災警報器の作動確認や消火器の点検、日常生活のようすなどお聞きしています。

■介護予防普及啓発事業

 いきいきサロンやデイホームで高齢者を対象に介護予防体操や食生活改善・口腔ケア講座等を実施しています。

■デイホーム事業

 デイホームだんらんは、生きがいや健康づくりを目的に65歳以上の介護認定を受けていない、在宅で閉じこもりがちの方を対象に実施しています。

 

対象地区:西小千谷・城川・吉谷・山辺(山本・西中)地区

開設日時:月曜日~金曜日 午前10時~午後3時

会  場:ひさだ・はうす(小千谷市城内4丁目3-47)

利 用 料:1回700円(送迎・入浴・昼食等含みます)

■在宅高齢者家事援助サービス

 市の委託をうけ、介護保険対象外の虚弱な方への家事支援を行っています。

■あけびの会事業

 一人暮らし高齢者の仲間づくり、生きがいづくりを目的に結成された会です。サンラックおぢやを会場に月1回会食会、春・秋にはバス旅行を実施しています。

年会費 1,000円

■介護者の会事業

在宅の寝たきり等の家族を介護する人たちの豊かな介護と会員同士の励まし合いと親睦を目指して発足した会です。介護用品購入助成事業やサンラックおぢやを会場に月1回会員同士が気軽に集える「陽だまりサロン」を実施しています。

年会費 1,000円(会員証発行します)

■車椅子の貸出し

一時的に必要な場合、短期間の無料貸出しをしています。(借用書必要)

(3)障がい者を支援する活動

■リフト付き自動車の貸出し

 車椅子利用者など、歩行困難な人を対象にリフト付き自動車の貸出しを行っています。

 

事前登録が必要です。登録料 2,000円(初回のみ)

 

*有料道路・駐車場料金は利用者負担となります。

■ふれ愛クリスマス会の開催

 障がい児・者の社会参加を促進し、ボランティアとの交流を図ることを目的に毎年12月に開催しています。

■小千谷市障害者支援センターさつき工房

 一人ひとりの希望や目的に合わせた支援を行っています。

就労継続支援B型事業
地域活動支援センター事業
相談支援事業

(4)子育てを支援する活動

■学童クラブ(放課後児童健全育成事業)の運営

学童クラブは、保護者等が就労などにより昼間不在となる家庭の、主に小学校1年生~3年生の児童をお預かりし、指導員が遊びを中心とした健全育成活動を行うところです。

◇学童クラブ一覧(9クラブ)

名    称

開設場所

開設期間

西小千谷学童クラブそよかぜ 小千谷小学校内
小千谷市民会館内
通年
西小千谷学童クラブさくら
西小千谷学童クラブあおぞら
西小千谷学童クラブおひさま
東小千谷学童クラブにこにこカービィ 勤労青少年ホーム内 通年
片貝学童クラブなかよしキッズ 片貝小学校 通年
千田学童クラブわんぱくキッズ 千谷センター内 通年
和泉小学校学童クラブいずみキッズ 高梨集落開発センター
和泉小学校
通年
夏休み
南部学童クラブよつばキッズ 克雪センター 通年

◇開設日と開設時間

・学校の平常授業期間

下校後~午後6時まで(延長利用 午後6時30分まで)

・土曜日、長期休業日、学校代休日

午前8時~午後6時まで(延長利用 午後6時30分まで)

*日曜日、祝日、お盆(8月13日~16日)、年末年始(12月29日~1月3日)、その他社会福祉協議会が必要と認める日は、お休みします。

◇利用形態と利用料金

利用区分 登録料 利用料
通年利用*年間を通じて利用 なし 月額/5,000円8月のみ11,000円土曜利用 400円/日延長利用 100円/日
長期利用*春休み、夏休み、冬休みなどの長期休業日(入学・卒業式、始業・終業式の日も含む)と代休日の利用 3,000円(年度の途中で退会された場合の登録料の返金はありません) 年額/20,000円土曜利用 400円/日一時利用 400円/日延長利用 100円/日

*次の世帯は利用料の減免措置があります。

・生活保護法による生活扶助を受けている世帯(利用料の全額)
・ひとり親世帯でかつ市民税非課税世帯(利用料の1/2)

■児童遊園地遊具等整備費補助事業

町内会からの申請により、町内設置児童遊園地の新設、遊具等の購入、補修等への補助をしています。

■危険防止標識交付事業

町内会からの申請により、崖・川辺等危険箇所に設置用の標識を交付しています。

■卒園記念品贈呈事業

保育園・幼稚園・認定子ども園の卒園児を対象に小学校で使用できる体操着袋を卒園記念品として贈呈しています。

■こんすけ基金事業

親子で楽しめるふれあいイベントを実施しています。

地域生活を支える福祉サービスの実施

 要介護状態や障がい児・者となっても、その方が尊厳を持ち続け、可能な限り住み慣れた地域で暮らし続けられるよう、介護保険事業や障害者自立支援事業のサービスを実施します。また、地域福祉の拠点としての福祉施設は、利用者本位のサービス提供に努めます。

(1)介護保険事業

■訪問介護事業(ホームヘルプサービス)

 ホームヘルパーが要介護者や要支援者のお宅を訪問して、入浴、排せつ、食事の介護を行ったり、生活全般にわたる援助を行うサービスです。

■通所介護事業(デイサービス)

 デイサービスは、要介護・要支援と認定された方々にデイサービスセンターにおいて、食事・入浴などの日常生活上の支援や、生活行為向上のための支援を日帰りで提供します。

■居宅介護支援事業

 要介護状態の方が居宅で介護サービスを受ける場合に介護サービス計画(ケアプラン)を作成いたします。お気軽にご相談ください。

(2)地域包括支援センター事業

■地域包括支援センター

 委託者(小千谷市)と連携し、高齢者の介護予防に関するマネジメントをはじめ、介護、福祉、健康、医療などの相談への対応や必要な保健・福祉サービスの調整を行います。

小千谷市地域包括支援センター通信(PDF)

包括支援センター

 

(3)障害者福祉サービス事業

■居宅介護・重度訪問介護・行動援護・移動支援・生活サポート事業

 身体障がい・知的障がい・精神障がいをお持ちの方(児)がご利用できるサービスです。ホームヘルパーが、お宅を訪問して、入浴、排せつ、食事の介護を行ったり、生活全般にわたる援助を行うサービスです。

■日中一時支援事業

 身体障がい・知的障がい・精神障がいをお持ちの方(児)がご利用できるサービスです。デイサービスセンターサンラックおぢやへおいでいただき、一日過ごしていただきます。

障害者支援センターさつき工房

 身体障がい・知的障がい・精神障がいをお持ちの方(児)が地域で自立した生活を営むことができるように、次のサービスを行っています。

■就労継続支援B型事業

 一般企業等での就労が困難な人に働く場を提供するとともに、知識及び能力の向上のために必要な訓練を行います。また、一般就労に必要な知識、能力が高まった方には、一般就労に向けて支援します。

■地域活動支援センター事業

 創作的活動・生産活動の機会の提供や、社会との交流の機会の提供及び生活に関する相談・助言を行います。

■相談支援事業

 日常生活を送る上での様々な問題について相談に応じ、それぞれが安心した生活を送れるように必要な情報の提供や助言を行います。

(4)福祉施設の管理運営

 公の施設の指定管理者として次の施設の管理運営を行っています。

地域福祉を進める社協の基盤整備

 社協が地域福祉を推進する団体としての役割を発揮できるよう、組織体制や基盤の整備につとめます。また、市民からの理解と協力が得られるように、社協の活動内容が見える、わかりやすい情報の発信に努めます。

(1)会員会費制度の理解と加入促進

 市民の皆さまが会員です。社協の運営は会員組織で行われています。市民の皆さまからの会費が活動財源の中心となります。

★会費はこのような活動に使われています。

  • 福祉会、いきいきサロン活動
  • ふれあい福祉センター相談所
  • 男性料理教室
  • ボランティア講座、研修会
  • 福祉教育推進
  • 福祉ふれあいフェスティバル
  • 緊急災害見舞金給付      など

会員募集のお願い

(2)善意銀行活動の活性化

 市民の皆さまからの寄付金を善意銀行でお預かりし、足の不自由な方が利用するリフト付き自動車の活動費用や指定された事業に払出しています。また、社会福祉基金こんすけ基金の運用管理を行っています。
預託品として、配食サービスの食材や紙おむつ、タオル等の物品や使用済み切手やアルミリングプルも受付けています。

(3)わかりやすい社協情報の提供

 毎月25日発行に社協だよりを発行しています。

(4)ネットワーク機能の強化

 社協協力員(町内会長を委嘱)や民生委員児童委員との連携を深め、社協事業をご理解いただくため、年1回協力員懇談会を開催しています。

(5)共同募金運動への協力

 新潟県共同募金会に協力し、共同募金運動を推進しています。

共同募金の使いみち

| ホーム | アクセス | プライバシーポリシー | お知らせ | 社会福祉協議会とは | 社協の活動 |
| 施設のご案内 | 会員募集のお願い | ご寄付のお願い | 社協だより | 小千谷市地域包括支援センター | 苦情解決のしくみについて |

copyright © 社会福祉法人 小千谷市社会福祉協議会