善意銀行とは

 善意銀行にご協力をお願いいたします。皆さまの温かい善意が、福祉のまちづくりにいかされています。金額の多少を問わず、年間を通してお受けしています。皆さまのお気持ちをお寄せください。

 

善意銀行とは

 古くから、寄付金品をお預かりし、必要に応じて金品の払出しや人(奉仕者)を派遣するというしくみを銀行にみたてた、善意銀行事業が全国的に行われてきました。

 小千谷市社協でも、昭和55年の法人化以来この善意銀行で市民の皆さまからの寄付金や品物をお預かりし、その善意を地域福祉事業に役立てております。

 人(ボランティア)の派遣等は、ボランティアセンターが行っています。

■預託金

 善意の寄付や香典返し、バザーやチャリティ―ショーの収益、団体や事業への指定寄付など、さまざまな理由により寄付をいただいています。

 主な払出し・・・介護用品助成、リフト付き自動車の貸出、社会福祉基金積立等

■預託品

 配食サービスへの食材、紙おむつ等の介護用品、使用済み切手やアルミリングプルといった収集品など、たくさんの物品寄付をいただいております。

 主な払出し・・・配食サービス、介護者の会、使用済み切手は収集団体へ、アルミリングプルは業者から換金

■善意銀行への寄付は、税金の優遇措置があります

 寄付金は、個人の場合は所得税の寄付金控除及び住民税の寄付金税額控除、法人の場合は損金算入限度額内で法人税法上損金算入ができます。

| ホーム | アクセス | プライバシーポリシー | お知らせ | 社会福祉協議会とは | 社協の活動 |
| 施設のご案内 | 会員募集のお願い | ご寄付のお願い | 社協だより | 小千谷市地域包括支援センター | 苦情解決のしくみについて |

copyright © 社会福祉法人 小千谷市社会福祉協議会